製品案内

MES製造実行システム「IB-Mes」

製品概要

生産現場の様々な情報を収集・集約し、問題点の早期把握・対策・改善を行います

MES(Manufacturing Execution System)とは「製造実行システム」のことを指し、製造工程の状態の把握や管理、作業者への指示や支援などをリアルタイムで行うシステムです。MESを活用することで、生産工程が可視化され属人化の解消に繋がります。具体的には、生産ラインの各製造工程と連携して、製造オペレーションの制御や可視化を行い、スケジュール管理や品質管理、データ収集などの機能を目的に応じて利用することができます。

製品詳細

簡単導入・簡単操作! 製造現場の「今」が見える、分析できる

製造現場の様々な情報を一元管理!
問題の早期発見、コストダウン、品質向上をサポート

IB-Mesは工場などモノづくりの現場における様々な情報を収集、集約して管理し、問題点の把握や早期対策・改善をサポートするシステムです。
生産進捗管理、品質管理、設備管理、労務管理のそれぞれの分野をIB-Mesプラットフォーム上で一元管理。
日々の生産状況をタイムリーに把握でき、コストダウンや品質向上をサポートします。
また、IB-Mes上で一元管理されたデータをトレーサビリティや分析に利用することで、生産活動、改善活動、工場稼働率、品質管理の向上に活用することができます。
製造業で取り組みたい基本的な機能を網羅してます。

標準機能

IB-Mesには標準機能である生産進捗管理、品質管理、設備管理、労務管理を搭載しています。

生産進捗管理

生産と進捗が一目でわかる

作業区状態一覧
今現在、各設備が何を生産し何時に終わる予定なのかを一覧で確認。また、稼働状態を色分け表示することで、工場全体の状況を一目で把握することが可能。
生産品目一覧
オペレーターへ、生産設備ごとの生産日程計画「いつ・どこで・何を・どれだけ生産するのか」を指示。また、生産作業後は実績も確認することが可能なため、作業変更の意思決定を支援。
生産指示
工程納期や作業時間を確認。作業指示書をデジタル化することで、モニタにて即座に閲覧が可能。また、作業内容をリアルタイムに入力することで、現場の状況を工場で共有。
作業変更
着工順や指示数の変更、また生産設備や翌日以降の生産日への振替など、作業変更への柔軟な対応が可能。
在庫一覧
材料・半製品・製品の在庫状況をリアルタイムに把握することで、余剰在庫の削減を支援。
生産進捗画面・作業区状態一覧画面

品質管理

過去の結果グラフを確認しながら検査できる

検査入力
オペレーターによる検査成績書のリアルタイム入力により、事務作業削減による業務時間の短縮を実現。
不良入力
不良登録は現象、部位を選択するだけの簡単操作で、作業者に負担をかけずに登録が可能。不良情報や手直し処置を登録し、不良発生要因の分析に活用。
検査・不良履歴
いつ不良が発生したのか、どんな検査をしたのかを一覧で確認。不良項目などを分析ツールを使って顕在化することで、可動率の向上と製造コスト削減に活用。
マスタ管理
不良現象や検査成績書など、システム上でも追加/編集/削除が可能。
不良登録画面・検査入力画面

稼働監視

設備の状況をリアルタイムに把握

データ収集
出来高信号や停止信号を自動収集することで、作業者の入力工数を削減。
設備停止履歴
「いつ・どんな理由で設備が停止したのか」一覧で確認。設備の停止時間に対して停止理由を登録することで停止原因の分析をサポート。さらに時間分割機能を活用することで、より詳細な分析をサポートし、可動率の向上と製造コストの削減を支援。
製造条件履歴
生産開始時の製造条件や製造プロセスデータ値を記録し、不要な不良発生の防止をサポート。
設備保全(オプション)
温度や電圧、回転数などの信号を自動取得し、設定した閾値を超えた場合にはアラートで通知。また取得データは一覧やグラフにてタイムリーに閲覧可能。さらに日/月/年などでサマリしたデータをグラフで確認することも可能。

※設備から取得できないデータは、外部センサーを使用することで対応可能。

設備停止履歴画面

労務管理

どこで・だれが・どれだけ作業したのかを記録し、リアルタイムに把握

作業開始/終了
「どの作業区で・誰が・どれだけの作業をしたか」を記録・管理。
付帯作業登録
会議や5Sなど、生産に関わらない付帯作業の情報を入力・管理。
サイクルタイムとタクトタイムがイコールになるように、付帯作業の改善に活用。
作業履歴
作業情報を履歴として確認、業務の分析・改善をサポート。特に気になる付帯作業の情報はサマリデータとして同画面に表示。作業区ごと、作業者ごとの作業履歴を一目で確認可能。
作業実績編集
作業実績の追加/編集/削除が可能。

トレーサビリティ

原因解析・影響分析・変化点など多角的なトレーサビリティが可能

トレースバック(原因解析)
ロットを設定しておくことで製品不備が発生した際、正確にその影響範囲を特定することが可能。また、被害の極小化と問い合わせに対して速やかに対応することが可能。
トレースフォワード(影響分析)
問題の部品や原材料を使用した製品を特定し、不良出荷を未然に防ぎ、品質向上をサポート。
変化点トレーサビリティ
部品や製品を生産する時に何が起こったのか、全ての出来事を時系列で横断的に追跡可能。
製造条件の変更が原因なのか、設備停止後の作業に原因があったのか、など原因分析をサポート。
ロット履歴一覧画面・ロットトレース(トレースバック)画面・ロットトレース(トレースフォワード)画面

分析ツール

一元管理されたデータをもとに、複雑な操作や細かい設定は一切不要で分析可能

収集したデータから多角的な分析を行う事で、素早く、正確に問題点を把握でき、効果的な改善を行う事が可能。経営層、管理者、リーダー、作業者が同じ情報を共有し分析する事で、今後の生産活動、カイゼン活動、工場稼働率、品質管理の向上に活用することができます。

収集したデータ

カスタマイズやアドオンの活用でさらに幅広い範囲をカバー

IB-Mesには標準機能である生産進捗管理、品質管理、設備管理、労務管理を基に必要な機能を取捨選択してカスタマイズが可能です。
また標準機能に加え、保全、構内物流、製造条件などのアドオンも追加できるので、自社にあわせた機能拡張ができます。
既存のシステムとの連携にも対応致します。
導入時のヒアリングや提案はもちろん、開発を経て運用保守までをトータルにサポートできるのも特徴です。

カスタマイズやアドオンの活用

有償でのトライアルも実施中!

「まずはお試しで1ラインから始めたい」
お客様のお声にお応えして、トライアルプランをご用意いたしました。
トライアルと言っても、IoT化や設備データの収集・製造現場の見える化・改善をしっかりと体感頂けるよう、ヒアリングやクランプセンサの貸し出しなども行い、具体的な運用イメージを持ってご試用頂けます。

生産見える化システム ― トライアル実施の基本的な流れ

仕様・動作環境

機能・仕様
主な機能 生産進捗管理、品質管理、設備管理、労務管理、トレーサビリティ、簡易分析など
オプション 設備保全、設備監視、製造プロセス監視、構内物流、あんどん、クラウド連携
サーバ
CPU CPU:3GHz以上、かつ4コア以上
メモリ 16GB以上
ハードディスク 5GB以上(+使用データ量)
クライアント
CPU CPU:2GHz以上、かつ2コア以上
メモリ 4GB以上
ハードディスク 1GB以上

導入効果

経営層・管理層の声

作業者層の声

生産管理システム・管理技術から
DX(デジタルトランスフォーメーション)・MES・AI・IoTまで、
お問い合わせは、お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談・お問い合わせ

06-6344-2875

営業時間 9:00 ~ 17:30(土/日/祝日・年末年始・夏季休暇を除く)

メールでの資料請求・お問い合わせ

資料請求、お見積り依頼、訪問依頼などの
お問い合わせは、以下のメールフォームより承っております。

資料請求・お問い合わせはこちら